【2017/11/15】 エコプロ2017「第2回 ナノセルロース展」に出展いたします!
当社の製造するパルプモールドは、廃棄や環境面でメリットのある「紙」を原料にして、立体物の成形が出来ることから、様々な分野や用途で活用されています。
昨今注目を浴びている未来の新素材「CNF」とこの「パルプモールド」を融合した新たな製品・用途開発の可能性を一緒に探るパートナーを求め今回エコプロ2017「第2回 ナノセルロース展」に出展します。

会期:2017年12月7日(木)〜12月9日(土)10:00〜17:00
会場:東京ビッグサイト 東4ホール
当社出展ブース:ビジネスゾーン NC-33

ご興味のある方は、ただいま招待状をお配りしておりますので、開発営業部(0120-791-055)までお問い合わせください。
【2017/06/01】 『第12回オフィスセキュリティEXPO』 に出展いたします!
昨年、初出展いたしました「オフィスセキュリティEXPO」に本年も出展いたします。
昨年ご来場頂いた方も、そうでない方も是非一度ご来場ください。

会期:2017年7月26日(水)〜7月28日(金) 10:00〜18:00
会場:東京ビックサイト
オフィスセキュリティEXPO URL: http://www.osec.jp/tokyo/
当社の出展者ページ URL: http://d.office-expo.jp/ja/Expo/2905902

弊社ブースは【2F 東4ホール 27-36】

ご興味のある方は、ただいま招待状をお配りしておりますので開発営業部(0120-791-055)までお問い合わせください。
【2017/05/24】 今年も「銀座芋人プロジェクト」に参加しています!!
当社は昨年に引き続き銀座みつばちさんが主催する「銀座芋人プロジェクト」に参加し、サツマイモの栽培を開始しました。
昨年は、収穫したサツマイモから4000本の焼酎が出来たとのことです。
今年は、昨年の倍の8000本の焼酎を作ることを目指しているということですので、当社も栽培スペースを大きくして参加しています。
愛情いっぱいで育てておりますので、御来社の際は玄関横の銀座芋人候補生を是非御覧下さい。
【2016/12/13】 「業界説明会」開催します!
2018年大卒採用を開始いたしました。
馴染みの薄い業界だと思いますので、まずは業界説明会を行います。
ツノル2018からご予約できますので、採用情報ページからツノル2018へアクセスの上、イベント情報よりご予約をお願いします。
皆様の就職活動の参考になればと考えていますので、是非お気軽にご参加ください。
皆様にお会いできることを楽しみにしています。
【2016/08/04】 「銀座芋人プロジェクト」に参加しました!!
当社は銀座みつばちさんが主催する「銀座芋人プロジェクト」に参加し、サツマイモの栽培を開始しました。
このプロジェクトは参加企業がサツマイモを育て、秋に収穫した芋を使って芋焼酎「銀座芋人」を作る事をメインとしておりますが、ホンネはこの作業を通じて参加企業同士が色々なつながりを持てれば良いとの考えで発足したものです。
夏の暑い期間の水やりは大変ですが、おいしい焼酎が飲める事を目指して頑張ります。
御来社の際は玄関横の銀座芋人候補生を是非御覧下さい。
【2016/06/20】 『第11回オフィスセキュリティEXPO』 に初出展致します!
会期:2016年7月13日(水)〜7月15日(金) 10:00〜18:00
会場:東京ビックサイト
URL:http://www.osec.jp/tokyo/

弊社ブースはコチラ 【2F 西3・4ホール 26ー34】
【2015/01/15】 栗原紙材株式会社は、ワークライフバランス推進の一環として、仕事と介護の両立に向けた取り組みを行っています。
平成27年8月に仕事と介護の両立に関する従業員ニーズ調査を実施しました。調査で判明した課題について、社内にワークバランス推進委員会を設置し、働き方の見直し等について検討を行いました。検討結果及び今後の取組については以下のとおりです。

ニーズ調査結果報告書

調査概要
対象:社員269名(回収218名(81%))内都内社員90名(回収76名(84%))
調査対象:匿名、書面による提出
実施期間:平成27年8月10日〜8月31日
※%は対回収者

T.調査内容
1.介護経験あり    (22%)
2.今後5年間で介護の可能性 高い(11%)少しある(39%)
3.介護への不安 非常に不安 (17%) 不安を感じる(32%)少し不安  (32%)
4.不安の内容
  公的介護保険制度の仕組みが解らない(18%)
  いつまで介護が続くか解らず将来の見通しが立てにくい(11%)
  勤務先の支援制度が無い、若しくは解らない(8%)
5.介護しながら勤務を続けられるか  わからない(48%) 続けられない(24%)
7.介護について相談できる雰囲気があるか どちらともいえない(49%) ない(14%)
8.介護する場合の望ましい働き方   支援制度を利用し仕事と介護を両立する(54%)
9.介護保険制度について知っている内容 介護保険制度について何も知らない(44%)
10.勤務先の介護支援制度     制度があるか知らない(81%)

U.調査結果から判明した課題

1.介護について、公的介護保険制度や社内の支援制度が解らないため不安を持っている社員が多数いる。
2.今後介護に係る場合、仕事と介護を両立させたいと考えている社員が多いが、現在の職場の状況ではできるかどうか自信がない。介護の実態がよく解らないので漠然と不安を持っている社員が多い。

働き方の見直し検討結果
1 課題(相談内容や調査結果等により判明した課題)
【課題1】介護について公的介護保険制度や社内の支援制度が解らないため不安を持っている社員が多い
【課題2】今後介護に係る場合、仕事と介護を両立させたいと考えている社員が多いが、現在の職場の状況ではできるかどうか自信がない。
【課題3】介護に実態がよく解らないので漠然と不安を持っている社員が多い。

2働き方の見直しに関する検討状況
(1)検討方法
10月26日 ワークライフバランス(WLB)推進委員会を立ち上げ、検討することとした。
    【メンバー】:委員長     丸木部長
           副委員長    箭内顧問
           委員      総務課1名 経理担当1名 営業担当2名
(2)検討経過
   @10月26日第1回検討会
    検討内容:・取組計画の作成 ・仕事と介護の両立支援制度(ワークシエア)の検討

3 取組計画
【目標1】介護に関する公的介護制度及び社内体制・制度を周知する
(計画期間等:平成27年度から毎年1回程度開催)

【目標2】介護相談員との個人面談の実施
     (計画期間等:平成27年度から希望者のみ随時実施)

【目標3】仕事と介護の両立のための支援制度(ワークシエア)の検討
     (計画期間等:平成27年度・・・ワークシエアの導入検討
            平成28年度・・・ワークシエアの試行的導入


【2013/05/16】 関東製紙原料直納商工組合 50周年記念
 この度、関東製紙原料直納商工組合(関東商組)が50週年の記念式典を行いました。この組合は、栗原紙材の先代が中心となって設立した組合で、現社長も、理事長をしていた組合です。
 現在の古紙業界は、色々と大変ではございますが、栗原紙材も古紙業界と共に歩んでまいりました。
 今後とも地域の為、お客様の為、頑張ってまいりますので、よろしくお願いいたします。
【2011/03/09】 *園芸ガイド2011春号にECOポット掲載!*
3月9日発売の園芸ガイド2011春号(主婦の友社)の67ページ「春のガーデニンググッズ、メールオーダーカタログ」に人気ガーデナー吉谷桂子さんおすすめの商品として当社が生産・販売するECOポットの2個セットが掲載されました!
今回紹介されたKUE3は寄せ植えに最適なんですよ!

【2010/10/04】 *ECOロジ栽培キットが三井生命様のキャンペーンに採用!*
三井生命保険様では2010年10月1日(金)〜2011年3月31日(木)まで”ふぇるCOMEキャンペーン”を開催しますが、抽選で当たる豪華商品のひとつに弊社のECOロジ栽培キット2個セットが採用されました。みなさんが三井生命さんの全国各地の営業部を訪ね新商品やサービス、営業部の環境についてのアンケートに答えるともれなくプレゼントがもらえると共に抽選でECOロジ栽培キット等の豪華景品が当たります。
この機会に三井生命さんの営業部を訪問し、アンケートに答え豪華景品をゲットされてはいかがでしょうか?
【2010/07/06】 *ご存知ですか?もっぱら物〜瑞穂事業所より〜*
もっぱら物とは専ら再生利用の目的となる廃棄物の略です。「紙」「くず鉄」「ガラス」「古繊維」の4つがあたります。つまり、くず紙は大切な資源です。企業のみなさん、高い処理料を支払って紙類をごみにしていませんか?全原連認定リサイクルアドバイザー(五十嵐)が親身にお答え致します。

お問合せ先:瑞穂事業所    TEL0425-56-1761
【2008/09/24】 ユニバーサルデザインフェアで最優秀賞受賞!!
郡山のビッグパレット福島にて2008年9月19日〜21日に開催されたユニバーサルデザインフェアにて、当社の郡山事業所は初出展ながら最優秀賞を受賞しました。
当社の古紙リサイクルの事業に対し高い評価を頂戴することができ、一般来場者向けに設けた古紙から葉書を作る体験コーナーにも連日多くの方々が立寄って下さいました。
たくさんのご来場誠にありがとうございました。

【2008/07/31】 牛久事業所、近郊ルート回収承ります
段ボール等の古紙回収依頼はございませんか?牛久事業所では、パッカー車を常備、配置しておりますので、近郊ルートの回収でしたら引取に伺います。是非ご相談下さい。
(お問合せ先)
牛久事業所・・・・茨城県牛久市遠山市遠山町112−19
TEL0298−73−2554
【2008/07/31】 郡山事業所、ユニバーサルデザインフェア出展
2008年9月19日〜21日、郡山のビッグパレット福島で開催される。環境・エコロジーをコンセプトにした、ユニバーサルデザインフェアという展示会に、当社の郡山事業所から出展することになりました。福島県内では最大の展示会で、古紙リサイクルの提案・機密文書処理・パルプモールドについての展示を行い、一般者向けに古紙から葉書を作る体験コーナーも設ける予定です。100社程度の出展があり、出展内容の優秀なブースに県知事賞、優秀賞の表彰があるそうで、郡山事業所一丸となってチャレンジします。
【2008/07/23】 書籍、文庫本、雑誌残本の処理
出版に関連致しました書籍、文庫本、その他雑誌、残本の処理にお困りではございませんか?
当社は個人情報保護法理念に基づき、古紙の仕入れ、回収、選別、情報滅却処理を事業として行っており、お客様、お取引先、従業員の信頼の上に成り立っていると思います。
当社が事業活動をする上で、すべての個人情報をより厳正に取り扱い、営業秘密の保護を順守し、漏洩、開示はしない安全対策を図っております。
尚、古紙原料としての断裁証明及び契約書も発行、リサイクルマニフェスト(古紙再生資源化証明書)の発行も可能です。

お問合せ先:鎌ヶ谷事業所047−445−8175 担当:矢田貝
【2007/09/01】 古紙商品化適格事業所として全国製紙原料商工組合連合会から認定されました
全国製紙原料商工組合連合会では、古紙品質の向上と維持のため、古紙商品化適格事業所認定制度を発足。当社は、製紙原料として古紙の品質維持管理に努め、法的要求事項を遵守し、適格なる運営がなされていることを認められました。また、古紙リサイクルアドバイザーとして4名が認定を受けました。