栗原紙材株式会社 栗原紙材株式会社個人情報保護方針(プライバシーマーク)-栗原紙材株式会社環境方針-栗原紙材株式会社
栗原紙材株式会社(会社案内)-栗原紙材株式会社古紙リサイクル事業 -栗原紙材株式会社製品紹介 -栗原紙材株式会社採用情報 -栗原紙材株式会社
「実現出来ます、セキュリティとリサイクルの融合」
自社でシュレッダー処理を行っている皆様へ
意外にかかるシュレッダーの手間とコストをお考えになったことはありますか?
シュレッダー処理の方式によっては紙の繊維が細分化されすぎてしまい、再生紙の原料にはならないことをご存知ですか?
情報漏えいの発生件数のうち、その原因の多くがシュレッダー処理による内部流出であることをご存知ですか?
シュレッダー作業では、不特定多数の社員が担当するため、機密文書に対する処理基準の統一が難しく、確実な機密抹消の徹底が図りにくいようです。
これまではシュレッダーにかけた上で、可燃ごみとして焼却されることの多かった機密文書も、近年では環境意識の高まりから貴重な紙資源として見直されてきています。しかし、機密文書を一般古紙として流通させることは排出業者様にとって不安であり、また実際大変危険な処理方法です。
機密文書を安全にリサイクルするにはどうしたらいいのか?そんなご要望に栗原紙材はお応えします。栗原紙材では、クリハラSSSシステムの構築により、確実な機密の滅却とリサイクルの両立を可能にしました。